« インターネット機器展! | トップページ | 地域をつなぐことのひとつの視点 »

2006/03/13

AEDの浸透度は?

aed2aed1
空港で、ふと眼にとまったAED(自動体外式除細動機)の装置。
http://www.nihonkohden.co.jp/aed/

ご存知の方も多いと思いますが、心臓に電気ショックを与える除細動機と呼ばれる救命のための機械です。
医学的な知識が少ない一般の方でも、機械が自動的に心電図を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうかを判断するので、必要のない方に謝って電気ショックを与えてしまう危険性はないとのこと。
2004年7月から専門職だけでなく、一般の方の使用も認められるようになり、公民館や公共施設など、身近な場所にも設置して広く普及しようという声も高まってきています。

そんな中、先日間違ってデモ機を救急車に乗せていて緊急時に電流が流れず、亡くなった方がいるというニュースにショックを受けたことを思い出しました。
そんなにデモ機と見分けがつかないのでしょうか!?そこは分かりやすくしておいてほしいと願うばかりです。

私も一度、AEDも含めて救命講習を受けてみたいなと思っています。定期的に、消防署がやっているみたいですね。今度申し込んでみようと思います。


« インターネット機器展! | トップページ | 地域をつなぐことのひとつの視点 »

医療・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39251/9068000

この記事へのトラックバック一覧です: AEDの浸透度は?:

« インターネット機器展! | トップページ | 地域をつなぐことのひとつの視点 »