« 求められるバトン<連携>とは!? | トップページ | サトやんの食事日記。 »

2006/04/05

身近なところにある宝物。

3月23日。灯台下暗しです。宝物は身近にあったのです!
私の住んでいる町内で素敵な人材を発見!保健センターの方に紹介されて会いにいったら、すっかり意気投合し3時間ほど語り合ってしまいました。(^^;
脳卒中のため体に麻痺がある64歳の方ですが、人のため、まちのため、役立つと思えば電動車椅子を使って各地に賛同を呼びかけにまわり、協力者を集めるほどのパワーの持ち主なのです。
地域の公民館での、「いきいき百歳体操」や、「絵手紙教室」をはじめるきっかけを作り、お元気な高齢の方の生きがいづくりにも取り組んでいます。
また、同じように障害を持ち悩んでいる人に会いに行き、ピアカウンセリングの役割も引き受けています。

現在は、「トマトくらぶ」という障害をお持ちの方々が集まり、語り合う場を作っています。そうして、まず自分の障害を受容することから、次への一歩が踏み出せる。ご自身の経験から、こうした場の必要性を感じられたのだと思います。誰かに苦しい思いを話し、共感できる仲間の存在に救われて「自分だけじゃなかったんだ。」「分かってくれる仲間がいるんだ。」と感じる事が出来る。そして「自分にも何か出来るかもしれない。障害を持ち、諦めていた趣味も自分では出来なくなっても、人に教える事は出来るかもしれない・・・」など、次への意欲が生まれてくるのです。
さっそく、私も「トマトくらぶ」に遊びに行かせてもらいました。皆さん、明るい表情で行楽地へ遊びに行く計画をたてていらっしゃいました。ご家族も一緒に行きたい!と、参加されることもあるとか。なんだか、こちらまで嬉しくなりました。(^^)

これから、一緒に何か生み出していける予感がしました!
「行政が関わって防災マップを作っても、その時は人が集まって協力して作業するが、マップが出来れば関係は途絶えてしまっている。その後にそれをどう活かしていくかなどの、活動はまったく続いていない。どうすれば、地域住民の気持ちを動かす事が出来るか。まずは、仲間作りからはじめよう。」
そんな話をいろいろと話し合う事が出来て、有意義な時間を持つ事が出来ました。

大きなイベントや、大きな力や・・・そんなものではなく、地域に当たり前に存在する小さな力の束が、シンプルな願いが、最終的には一番強いのかもしれない。ゆくゆくは国を変えてしまうほどの力になるのかもしれないと・・・本気で考えています。まずは身近な地域から一歩。踏み出してみたいと思います!(^^)


« 求められるバトン<連携>とは!? | トップページ | サトやんの食事日記。 »

福祉住環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39251/9439883

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なところにある宝物。:

« 求められるバトン<連携>とは!? | トップページ | サトやんの食事日記。 »