« リレー・フォー・ライフin高知 | トップページ | かかりつけ医(>_<) »

2008/06/28

二十歳の約束。

2008062714440000
 
 
 
 
 
奈良県から葡萄が届いた。
送り先の書かれた文字の懐かしい筆跡・・・。
 
二十歳の時に亡くした、同い年の親友のお母さんからだった。
お礼の電話をすると、変わらぬ明るい声で応えてくれた。
「懐かしいわね。久しぶり。元気にしてますか?
ちょうど今、葡萄の美味しい時期になったから食べてもらおうと思って・・・。
今もあの子は二十歳のままだから・・・ずいぶん時間がたったものね。
元気で頑張ってね。」 
 
彼の話になると、その当時の不器用で純粋な自分の生き方がもどかしく思い出されて、
今でも彼に「ありがとう」を言えなかったことが悔やまれて・・・どうしても感傷的になってしまう。
 
 
第一印象は最悪だった。
ヘビメタバンドでドラムをしていた彼は、赤いロングへアで細い身体にはアクセサリーがじゃらじゃら。確か、当時彼が病に倒れなければ、ジッタリンジンと一緒にデビューする予定だったと言ってた。そして手当たり次第に周りの女の子に声をかけて口説くような軽いタイプ。
・・・最初は、ぜっったい関わりたくないと思った・・・。
それでも自分がどんなにつらい時も、周りを笑わせて明るく振舞うような心の強さを持った人で、彼のいる場所はいつも笑顔が絶えなかった。
 
「ほんとうはつらいんやろう?無理すんな。」
どんな時も誰の前でも笑顔でいなきゃいけない、周りに迷惑をかけちゃいけない、そう思い込んで必死で笑顔をふりまいていた私の、いつわりの笑顔を見抜いてくれたのは・・・彼だけだった。
生き方も趣味もまったく違う二人だったけど、どこか”抱えている荷物”が似ていたのか・・・お互いの本音を話し合える親友になるのに時間はかからなかった。
まるでともに目の前の敵と戦っている、戦友のような関係だった。
 
知り合ってまだ1年が経つかどうかという頃・・・
彼の突然の死を知らされた。
彼が二十歳の誕生日を迎える1週間前だった。
骨髄移植の手術のあと、無菌室の中で肺炎をおこしてそのまま亡くなった。MRSA院内感染が原因だったらしい。
私はすごく後悔した。何日も抜け殻になった。
彼の存在に助けられていたことも、ありがとうも、何も伝えてなかった。
それまでの私は、自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、自信がなくて優柔不断で悩んでは一歩を踏み出せずにいることが多かった。
彼が亡くなったあと、もうこんな後悔は二度としたくないと強く思った。
これからは後悔しない生き方をしよう。
ありがとうも、ごめんなさいも自分の気持ちをちゃんと人に伝えよう。
迷っていた一歩も恐れずに踏み出して、今の自分を変えていこう。
正直に、前向きに生きていく事が、彼への恩返しのように思えた。
 
 
・・・そして、それが今の私の突っ走り人生の始まりだった(笑)
 
それから十年が経って、三十歳を迎えた年に、ひとつの節目のような気がして奈良県にある彼の実家まで会いに行った。
今でも毎年、手紙を交わしているご両親ともお元気で、私を近くの駅まで迎えにきてくれた。
当時毎日のように来てくれた、バンド仲間もファンの子達も、今は誰も来なくなったと寂しそうに話してくれた。
もうすでに感傷的な気持ちなんてなくなっているはずだったけど、当時と変わらぬ笑顔の彼の遺影を見ると声が震えた。
今でも当時の友達と彼の話をしていること、決して忘れていないこと、そしてありがとうの気持ちを、夢中で話しかけている自分がいた。
まるであの頃に言えなかったことを取り戻すかのように・・・。
そばで彼のご両親が、少し涙を浮かべて「ありがとう」と微笑んでくれた。
 

彼が亡くなる数日前に電話で話した、最後の約束・・・
「お互い、ベストを尽くそうぜ!」
 
 
あれからまた時が過ぎて、もうすぐ37回目の誕生日がくる。
いつか彼に再会できた時、恥ずかしくないように、笑われないように、もっと頑張らなくちゃと気合が入る。
 
今の私は、自分らしく前に進めているだろうか。
彼との約束どおり、ちゃんとベストを尽くせているだろうか。
彼も笑顔で、相変わらず不器用にまっすぐ走り続ける私を見守ってくれているだろうか。
改めて、ひとつひとつの出会いを、今目の前にある幸せを、見失わないように大切に生きていこうと思った。

 
最後に、当時私が書いた詩をひとつ・・・。
 
 
 Period
 
君の生き方が好きだと
言いたかった
強い気持ちの殻の中に
涙が詰まっていることを
そうして
君を支えていた孤独を
愛されて旅立った
君の”勝ち”の人生を
知っていたよ
 
ただひとつ
こんなに早いピリオドを知らずに
君の生き方が好きだと
言えなかった
 
 


« リレー・フォー・ライフin高知 | トップページ | かかりつけ医(>_<) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39251/41671851

この記事へのトラックバック一覧です: 二十歳の約束。:

« リレー・フォー・ライフin高知 | トップページ | かかりつけ医(>_<) »