« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/19

50歳を過ぎても・・・


「50歳を過ぎても落ち着きのない女でいてね」

10年以上前のいつかの送別会の時の
友人からの寄せ書きに、そう書かれていたのを思い出した。

・・・このままいけば、どうやらその願いを叶えてしまいそうだ(笑)

先日、30代最後の歳を迎えた日には、
たくさんの方からお祝いメッセージをいただいて、
また、夜には嬉しいサプライズが待っていて、
本当に感謝の気持ちいっぱいで誕生日を迎えることが出来ました。
出逢えた皆さんに、ありがとう(^^)

日々のこと、いろんなことがありすぎて、
いろんなことが発展途上中で、産みの作業の真っ只中で、
日記に書きたいことはたくさんあるけれど、余裕のない毎日です(*_*)

取り組んでいることが前例のないことばかりで、言いだしっぺの私は
「Izumiさんがやらなきゃ進まないんだから頑張ってよ!」
と、まるで扉の外で編集者がまだかまだかと待ち続けている中で、
締め切りに追われている作家さんのような心境で、
誰にも相談できなくて、一人で抱えてうんうんうなっている孤独感の中で
もがいているような日々の連続。

それでもチャンスがあれば各所で自分の考えを周りに伝えることで、
少しずつ理解者が増えたり。
わずかな一歩だけどひとつずつ形になっていく手ごたえを
少しずつ感じられるようになってきた。
まだまだ頑張りが足りない。まだまだ甘い。
まだまだ出来ることがある。
今年中に形をつくりあげたいから、頑張らないとね!!

そして、人のご縁にも救われている。
ついつい誰かが困っていると、必要とされると突っ走ってしまう性分。
気がつけば、抱えすぎて自分の中が空っぽになってボロボロに疲れてしまうことも。
不器用な真っ直ぐバカは治らない(>_<)
それは自分にとっても、相手にとっても幸せにつながらない。

たくさんの反省と痛みを越えて、
今は何よりも両親の幸せを、両親との時間を大切にするようにしている。
時間の余裕がない中、大変なこともあるけれど、
両親の安心した笑顔を見ると、心が穏やかになる。
以前は外に向けてばかりエネルギーを発して空っぽになっていた心が、
今は同じようにエネルギーを使っても、
まるで川の上流に水を投げかけているかのように、
また自分にその水が流れ込んでくるように心が潤っているのが分かる。
そしてそれは、周りからの優しさやいいご縁も導いてくれているようで、
たくさんの人に助けられて、
このどうしようもない生き物は、生かされていると
本当に心から感謝しています。

今日は久々の再会の日。
笑顔で楽しんできます!(^^)

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »